旦那の浮気後、修復不可能な夫婦の特徴とは!?

Pocket

近年では夫婦の離婚率が増加しているそうです。
今や3組に1組は離婚する時代だともいわれており、
結婚していてもあまり安心できないですよね。

夫婦が離婚する主な理由の一つとして、
パートナーの浮気が挙げられます。

ですが、子育てや金銭面での事情から、
離婚を踏みとどまって関係を修復する夫婦も多いです。

とはいったものの、
浮気発覚後の夫婦関係修復は並大抵のことではなく、
あまりの辛さに途中で心が壊れてしまうという人もいるくらいです。

今回は、旦那さんの浮気後に関係修復に努めたものの、
修復不可能になることが多い夫婦の特徴についてお話していきます。

こんな夫婦は修復不可能!

一度浮気した後に夫婦関係を元通りにすることは非常に難しく、
誰しもが実現可能な訳ではありません。

浮気は法律でも認められた離婚理由であり、
離婚してもおかしくないような行為ですからね。

そのことを踏まえたうえで、
夫婦関係を上手く修復できないからとあまり気落ちせず、
以下にご紹介する修復不可能な夫婦の特徴を見てみてくださいね。

自分のことが最優先

浮気された後の夫婦生活において、
何をするにも自分を最優先するという夫婦は、
関係を元通りに修復するのは難しいでしょう。

スポンサードリンク

浮気された妻側が陥りがちな考え方として、

・自分は浮気された被害者だから、旦那からこちらに歩み寄るべき
・悪いのは旦那なんだから、自分が優先されて当然

といったものがあります。

確かに、浮気をした方が悪いことは事実なのですが、
夫婦関係を修復するのが目的なのであれば、
浮気した旦那さんだけではなく、
された奥さんから旦那さんに歩み寄ることも当然必要になります。

旦那さんが浮気に走った原因が自分にあった可能性も
否定できませんからね。

浮気した旦那さんが反省するのは当然としても、
された奥さんも関係修復の為に
旦那さんのことを思いやる必要があるのです。

感情をコントロールできていない

浮気されたことは非常にショックで、
旦那さんに対して強い怒りを覚えることは当然あるでしょう。

スポンサードリンク

ですが、離婚せずにやり直すと決めた後も、
浮気された怒りをずっと覚えていれば、
旦那さんの顔を見るたびに浮気のことを思い出してストレスが溜まりますし、
必要以上に旦那さんを責めてしまう事になります。

一度、旦那さんとやり直す覚悟を決めたなら、
このような怒りの感情は一旦しまっておくなどして、
上手に自分の感情をコントロールしなければなりません。

これはとても難しいことだと思います。

浮気された記憶がフラッシュバックして苦しむ人は多いですし、
旦那さんと一緒に暮らしているだけに、
簡単に振り切ることも出来ないでしょう。

旦那さんと一緒にいることによって
どうしても自分の感情を抑えられないようであれば、
別居して一旦距離を置いたり、
最悪離婚することも考えた方がいいでしょう。

コミュニケーションが取れていない

旦那さんの浮気後、
まったく会話のない仮面夫婦になってしまうというケースはよくありますよね。

「浮気するような人は汚くて、近づきたくもない」
「声を聞くと浮気のことを思い出すから」
といった思いを抱いてしまうのも無理はありません。

それだけの裏切り行為を旦那さんがしてしまったという事ですからね。

但し、夫婦関係を修復するにあたって、
コミュニケーションが取れていないというのは致命的です。

会話が無ければ、お互い反省するべき点が分からないことになりますし、
2人の関係はこの先ずっと平行線になってしまいます。

コミュニケーションが取れなければ、
自然と自分を最優先するようになってしまいますので、
挨拶程度でもいいので、日常的に言葉を交わすようにしてくださいね。

旦那さんが反省していない

浮気したにもかかわらず、旦那さんがそのことを全く反省していない、
と言う場合は、言うまでもなく修復なんて望めません。

無理やり一緒にいても、また浮気を繰り返されるでしょうし、
修復する気が無いと言っているようなものです。

浮気後に夫婦関係を修復するのは、
お互いがやり直すという覚悟を決めていることが大前提です。

それすらないのであれば、
夫婦関係を続ける意味はまったくありません。

証拠を集めて慰謝料を請求したうえで、
離婚するのが一番賢い選択でしょう。

夫婦で一緒にいる時間が少ない

仕事の事情などによって、
そもそも夫婦が関わる時間自体が少ないという場合も
夫婦関係を修復するのは不可能です。

浮気後の関係修復には、
お互いに歩み寄ることが大切なため、
単身赴任等の事情で夫婦が関わりを持てない状況にいては、
問題を解決する以前の問題です。

本気でやり直すのであれば、
一緒にいる時間を増やし、
お互いの理解を深めるべきでしょう。

スポンサードリンク
関連コンテンツ

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.