浮気された心の傷をいやすための方法。少しでも楽になるために必要なこと。

Pocket

浮気をされショックって、とにかく大きいですよね。好き同士で付き合ったはずなのに、他の異性と遊んでいたなんて知ってしまったら、裏切られたことによる心の傷が深く残ることになります。

浮気が発覚する状況は様々ですが、パートナーである彼に対する信頼が深ければ深いほど、ショックは大きくなります
あまりにもショック過ぎて、浮気の事実すら現実として受け止めきれない。
放心状態のように一瞬思考が止まってしまうほどのショック。
時間が経って、ある程度気持ちが落ち着いてきたところで、ようやく浮気をされたという事実と向き合うことになる。

このように完全に時間が止まってしまったかのように呆然となる人は多いでしょう。

私は浮気をされた経験はありませんが、失恋したときは上記のような放心状態に陥りました。
浮気されるというのはおそらく、付き合っていながら失恋したような感覚なのでしょうね。
それはそれは苦しい思いをすることになるでしょう。

浮気で傷ついた心の癒し方

浮気されたことによる心の傷を出来るだけ早く治すためにできる事をご紹介していきたいと思います。

浮気したパートナーから距離を取る・あるいは別れる

浮気されたときは、ショックのため浮気したパートナーとは冷静な話し合いをすることが出来ないかと思われます。
パートナーの顔を見るたびに浮気された事ばかり思い出して不愉快な気分になったり、浮気された直後は何かと情緒不安定な時期です。

なので、その後別れるにしろ別れないにしろ、いったん浮気したパートナーから距離を取りましょう。

その後どうするかに関しては少し落ち着いてから話し合えばいいことです。

スポンサードリンク

また、話し合った結果浮気によって負った傷をパートナーである彼が全く気にも留めず、反省もせず、歩み寄りも見せないなら、別れる選択は間違えていないと思います。
その状態で一緒にいるのは「我慢すること」が必要になるから。
我慢して成り立つ関係は、いつかまた傷つくことかあるでしょう。

「別れ」は辛いものですが、これからの自分の幸せを考えたら、それは勇気ある前進だと捉えていいのではないでしょうか。
「浮気」で「異性を見る目」を勉強した。高い授業料を払ったのだと思いましょう。

浮気したことを全く反省しないタイプの人だったなら、それ以降付き合い続けたとしても浮気を繰り返すでしょうし、こちらが深いな思いをするばかりです。

スポンサードリンク

きっぱりと別れてしまうのが、後腐れが無くていいでしょう。

信頼できる人やカウンセラーに相談する

浮気をされたことがあまりにも辛く、一人では抱え切れないという時には、信頼できる身内などの知り合いに相談してみましょう。
人に共感してもらう事で心が軽くなります。

また、浮気に関する悩み事を知り合いに相談しづらいといった場合は、ネット上の浮気をされた人専用のチャットや、プロのカウンセラーに相談するという方法もあります。

プロのカウンセラーは共感、受容、許容を用いて、患者さんを癒します。

共感 一緒に悲しんでくれる
受容 すべてを受け入れてくれる
許容 ネガティブな考えを批判しない

ふつうの人でも、この三つの能力をもっている人はたくさんいます。

なるべくこの三つを備えた人に話を聞いてもらってください。いたずらに説教したり、あなたを批判したりする人はいまの状況では避けるべきです。

今、あなたの心は、まだ浮気の原因を究明する準備ができていません。まずは、黙って話しを聞いてくれる人を選びましょう。具体的にどうすればいいかを考えるのは、その後でも遅くはありません。

ストレスを解消できるものに打ち込む

落ち込んでいる時には、出来るだけ浮気されたことについて考えない方がいいです。
しかし、あまりのショックにどうしても思い出してしまう事もありますよね。

そんな時は、趣味や仕事で予定を目いっぱい埋めて、強制的に考える時間を無くしてしまいましょう!

スポーツをして汗を流すというのもストレス発散法としては効果的なのでお勧めですよ!

最後に解決するのは、「時間薬」

最終的にはやはり時間に勝る特効薬はありません。

時間とは言っても、その過ごし方で大きく変わって来ますので、おさえておいて欲しいポイントは、浮気と向き合うのではなく、改善点と向き合う事です。

なぜ浮気なんて・・・と思っても、何も変わりませんし、答えは出ません。

なので、上の段落でご紹介したように、なるべく浮気問題から離れて、忙しく生活する。家事でも育児でも仕事でも良いでしょう。あまり難易度の高いものよりも、単純作業で、慣れ親しんだものの方が、時間を忘れられて良いかもしれません。

失恋に関しても同じことが言えますが、結局最後に解決するのは時間ですよね。

完全に心の傷が癒えるには時間がかかるのだということを踏まえたうえで、それまでどのように生活するのが自分にとってベストなのかを考えてみましょう。

スポンサードリンク
関連コンテンツ

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.