嫁の浮気に決着をつけるなら、証拠収集と慰謝料請求が一番!

Pocket

嫁が浮気をしていたことが発覚したときに、浮気を再発させないための防止策や制裁の方法として最も一端的な方法は、慰謝料の請求だと思います。

しかし、いざ請求するとなると相場がいくらなのかといった疑問が生まれてくると思います。

そこで今回は、嫁(妻)が浮気(不倫)をした際に請求可能な慰謝料の相場や手順などの詳細な情報をご説明したいと思います。

慰謝料の請求が出来るのかどうか、また手順が分からないといった方は是非参考にしてみてくださいね。

スポンサードリンク

慰謝料の基準について

慰謝料の相場(目安)

離婚も別居せず,夫婦関係を継続する場合

50万円~100万円

浮気が原因で別居に至った場合

100万円~200万円

浮気が原因で離婚に至った場合

200万円~300万円

上記の表は,裁判になった際の慰謝料の相場です。裁判せずに相手方と話し合いで解決する場合には,この通りになるとは限りません。話し合いでは,問題の早期解決や精神的損害などを考慮して金額が決まることが多く,離婚が決まっていなくても,離婚した場合と同様の慰謝料で和解に至るケースもよくあります。

余談ですが,慰謝料といえば,芸能人の高額な離婚慰謝料が話題になることがありますよね。これは財産分与を含んだ金額と考えられます。そのため,もし裁判で慰謝料の金額を争った場合には,いくら稼ぎが莫大でも,億単位の支払いを命じる,という判決がくだることはまずないでしょう。裁判では,慰謝料の相場(目安)が基準となるからです。

慰謝料の金額についてはケースバイケースとなり、明確な基準は無いみたいですね。ただ、浮気や不倫による影響が大きいと判断された場合は慰謝料の請求額が大きくなるようです。

他にも子供の有無や夫婦の年齢差等により慰謝料の額は変動します。

以下に考えられる慰謝料変動の項目を紹介します。

・妻と浮気相手の年齢差
・婚姻期間
・浮気発覚前の婚姻生活の状況
・自分自身の落ち度
・浮気相手の認識、意図
・浮気の期間、具体的内容、頻度
・浮気の主導者
・浮気の否認
・不貞関係解消の約束反故
・浮気相手の子供の妊娠・出産
・精神的苦痛
・夫婦間の子供の有無
・浮気相手の反省、謝罪、社会的制裁
・妻と浮気相手の社会的地位、収入、資産

色々な要素によって慰謝料が増えるようですね。知らないものもかなり多いと思うので、確認しておくといいでしょう。

スポンサードリンク

慰謝料請求に関する流れ

通常、慰謝料請求をする時には、『内容証明』という郵便を送付して行います。
メールや口頭の請求では、ことの重大さや自分の本気度が伝わらないのでやめておきましょう。
また、口頭の場合、証拠が残らないので相手が支払わず逃げても何も言えなくなってしまいます。

内容証明は『○月○日までに200万円を支払わなければ法的な手段を取ります。』
といった文面で、証拠を添えて送ります。
これで請求された側が支払いを拒否した際には裁判等に持ち込んで法的に支払いを義務づけるほかありません。

また、妻の浮気相手が社会的に地位の高い人で、どうしても裁判沙汰になっては困るという場合には、多額の慰謝料を支払うことで解決することもあります。
この場合には相場価格は無視され、夫の言い値が支払われることが多いでしょう。

ただし、これらの内容証明を発行し法的手段に出るためには、大前提として妻が浮気をしたという事を確実に証明できる証拠が必要になりますのでご注意ください。浮気というのは配偶者以外の異性と肉体関係を結ぶことと定義されることが多いため、その事実を証明できるような動かぬ証拠があると良いでしょう。以下に妻の浮気を証明できる証拠として有効なものをご紹介します。

・肉体関係があったことを示唆する内容のメール,SNS(LINE・Facebookなど)
・ホテルに出入りしているあるいは行為中の写真や動画
・当事者が浮気の事実を認めた内容の録音
・肉体関係があったことを示唆する内容の通話記録
・ラブホテルなどに宿泊したことが推測できる領収書
・興信所等の調査機関による、浮気の目撃情報等を記載して報告書

証拠に関しては興信所に依頼して調べてもらうのが一番確実ですが、最近では浮気や不倫の調査用携帯アプリや盗聴器なども販売されているので、金銭的な問題から興信所を雇えないという場合は、個人で浮気調査をするのも不可能ではありません。

ただし、個人で調査をしていることが妻にバレてしまった場合は、逆に訴えられてし舞う可能性もあるので、そのようなことが心配な場合は興信所に依頼しましょう。

慰謝料請求の際に注意すべきこと

ちなみに、慰謝料の金額は妻と浮気相手二人合わせての数字なので、
例えば、慰謝料請求する前に浮気相手から300万円のお金を受け取っていたとすれば、妻にさらに慰謝料請求をすることは難しくなります。

さらに、慰謝料請求をする際の注意事項がもう一つあります。
妻の浮気が発覚してから3年以内に請求しなければ時効が成立し慰謝料は受け取れなくなります。

証拠が揃い次第、早急に慰謝料請求に向けて行動した方が良いという事ですね。まあ、証拠を集めてまで浮気を暴きたいわけですから、その後に慰謝料請求に向けて行動しないという事はまずないと思います笑。

スポンサードリンク
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.